蚊に刺された時の自然療法

突然ですが、

蚊に刺された時にム○やキン○ンなんて使っていませんよね(汗)

 

 

えー、使ってんのー?

 

 

ム○やキン○ン成分って・・・・

と難しいことはさておいて、

 

蚊に刺された時何といっても

きになるのがその痒さ

たまりません。

 

子供達って、かきむしったりしませんか?

そしてとびひになっちゃったりして。

 

今日はそうならないために、

ムヒがなくても大丈夫な方法をはお伝えしたいと思います。

 

 

娘は保育園から帰ってから、

公園に遊びに出るため、

夕方、私は蚊との戦いは必須です。

 

 

 

公園ってなんで、

こんなに蚊がいるんでしょう?(笑)

 

 

 

そんな時に持っていくのが、

コレ

↓↓

c7461b_e1df064e9291433b833b887e1d9fcb16~mv2.jpg

クレイです。

これを容器に入れて持ち歩いています。

 

 

クレイって知ってますか?

____知ってるー♪

____知らんわ(T ^ T)

意見が超分かれそう。

 

 

 

クレイってその正体は、

小さな泥なんですけど

 

 

 

禁忌事項が少なくて

赤ちゃんから使えるという

超便利アイテムです

 

 

 

肌のトラブルにはこのクレイがもってこいなのです。

何に使えるかって?

 

 

 

あせも、湿疹、ニキビ、とびひetc・・・

もーとにかく我が家では、

よく使います。

 

 

 

 

このクレイについて

来週は、特集して行きますね。

 

 

 

ちなみに虫に刺された時は

こうやって使います

 

↓(パック)

 

IMG_9167.JPG

 

 

 

 

こうすると、

かゆみがスゥーっと引くのと

腫れがなくなります

 

 

 

お子さんの搔きむしりがなくなりますよ(^ ^)

血だらけにならなくて済みます。

関連記事

  1. 【募集開始】追加開催!皮膚の悩みから解放されるクレイケア講座

  2. 花粉症歴18年の私が花粉症から解放された理由

  3. 喉が痛いときの自然療法

  4. 柿が熟したら医者がいらない訳

  5. あせもは肌を強くする!!

  6. 650円でできるインフルエンザ予防

無料小冊子プレゼントはこちら

ママのホームケアレッスン高木智実

強いカラダをもち自分で道を切り開く大人になってほしい!そんな願いをこめて、病気に負けないカラダになるママのホームケアレッスンを行なっています。

おすすめの記事

最近の記事