スマホのブルーライトはカットされていますか?

 

スマホのブルーライトはカットされていますか?

 news_1118_5601.jpg

おはようございます。

ママのホームケアレッスン高木智実です。

 

 

皆さんは眠る前にスマホを触っていませんか?

 

 

眠る前に、スマホを触ると何が起きるのか?

 

 

いざ眠ろうとすると全然眠れなかったり、

ひどい時には気持ち悪くなったりします。

 

 

そして、

朝の寝起きも非常に悪く、

当然ぐっすりと眠れた感じは全然ありません。

 

 

もちろん寝る前にスマホを触らなければいいのですが、

分かっていてもついつい触ってしまうんですよね。

 

 

これってなんでこうなってしまうのか?

 

 

どうやらブルーライトが影響しているようです。

最悪の場合、視力低下にもつながることもあって、

最近はブルーライトをカットするグッズが売っていますよね。

 

 

あれって、結構重要です。

 

 

iphoneは5から6に変わった時に

液晶が変化しました。

 

 

この時から、iPhoneのブルーライトが強くなったのをご存知でしょうか?

 

 

そもそもブルーライトとはなんなのか?

そもそもブルーライトとは可視光線(見える光)の1種です。

紫外線の次に強い光とも言われています。

 

これを見続けると眠れなくなったり

体に悪影響が起きてしまいます。

体が「明け方の太陽の光」と勘違いしてしまい、

体内時計が狂ってしまうそうです。

 

 

そして、強い光のせいもあり

目の網膜や視神経にダメージがあり

眼精疲労の原因になります。

 

 

 

なんだか目の疲れが取れないなと思う方、

今すぐブルーライト対策をとりましょう!

 

 

iphoneの機能の中に

Night Shift機能

というのがありますので、

ここを使います。

(iPhone以外の方は説明書をお読みください)

 

設定→画面と明るさ→「Night Shift」

 

で設定できます。

 

少し画面が黄色味を帯びますが

目の負担は減ります。

 

 

リスクヘッジ(危険回避)をしていくことが

何より健康を守ります。

 

 

関連記事

  1. 健康になる秘訣

  2. 健康オタクほど不健康

  3. ワクチンで悩むママの強い味方

  4. 健康な一年を過ごすために今年すること

  5. 減塩、野菜中心、カラダに良いといわれる食事をとった結果・・・。

  6. ワクチンに疑問を持っているママの悩み

無料小冊子プレゼントはこちら

ママのホームケアレッスン高木智実

強いカラダをもち自分で道を切り開く大人になってほしい!そんな願いをこめて、病気に負けないカラダになるママのホームケアレッスンを行なっています。

おすすめの記事

最近の記事