転んできなさい!

九州地方、台風が接近して雨風が強くなってきました

そんななか、ムスメが自転車にのりたい!

はっ?えっ?今?
自転車に乗りたい??

自宅待機がとてもとても暇になってきたので
外にでたいと申しておりました。

そのとき私が放った一言は、

「お外に行きたいなら、行っておいで!」

 

雨に濡れる→冷える
風が吹く→ 転ぶかもしれない

 

4歳では、先のことが想像できません。
なので、一回雨に濡れてくればいいし
びしょぬれになって冷たくなるカラダの感覚をつかんでほしい
という考え方です。

 

ムスメは、
自転車のカギをもって
外に出た瞬間

 

戻ってきました・・・

 

「すごい風だから、これでは私の力では無理だ」

そう感じたのでしょう。

無駄な論争をせずに済みました。

 

何事も経験が大切です。

親がすべきことは見守ること、

まだ自分の行動に責任がもてないので

体験することすべてにフォローをすることだと思っています。

 

なので、

雨に帰ってきたら、お風呂であったまればよいし

風に吹かれて転んだのであれば、傷のお手当をすればよいのです。

そのフォローが親の役割だと思っています。

関連記事

  1. 小学校受験と自然療法

  2. こどもの咳・鼻水どうすればいいの~

  3. 日本人が知るべき11月3日

  4. 悩む〜、歯科矯正は必要?

  5. 子供に体験してほしい行事No.1といえば・・・○○○

  6. インフルエンザかなと思ったら・・・・

無料小冊子プレゼントはこちら

ママのホームケアレッスン高木智実

強いカラダをもち自分で道を切り開く大人になってほしい!そんな願いをこめて、病気に負けないカラダになるママのホームケアレッスンを行なっています。

おすすめの記事

最近の記事