転んできなさい!

九州地方、台風が接近して雨風が強くなってきました

そんななか、ムスメが自転車にのりたい!

はっ?えっ?今?
自転車に乗りたい??

自宅待機がとてもとても暇になってきたので
外にでたいと申しておりました。

そのとき私が放った一言は、

「お外に行きたいなら、行っておいで!」

 

雨に濡れる→冷える
風が吹く→ 転ぶかもしれない

 

4歳では、先のことが想像できません。
なので、一回雨に濡れてくればいいし
びしょぬれになって冷たくなるカラダの感覚をつかんでほしい
という考え方です。

 

ムスメは、
自転車のカギをもって
外に出た瞬間

 

戻ってきました・・・

 

「すごい風だから、これでは私の力では無理だ」

そう感じたのでしょう。

無駄な論争をせずに済みました。

 

何事も経験が大切です。

親がすべきことは見守ること、

まだ自分の行動に責任がもてないので

体験することすべてにフォローをすることだと思っています。

 

なので、

雨に帰ってきたら、お風呂であったまればよいし

風に吹かれて転んだのであれば、傷のお手当をすればよいのです。

そのフォローが親の役割だと思っています。

関連記事

  1. 時代は、集団から個へと移っている

  2. 薬を塗ってもいいのか・・・悩む・・・

  3. 仕事と子供の病気のどっちを取るか

  4. 無意味な買い与えがこどもをダメにする理由

  5. 5歳で10キロを走った子供の計り知れない能力

  6. 無農薬野菜の薬膳料理教室で知ったワンポイント

無料小冊子プレゼントはこちら

ママのホームケアレッスン高木智実

強いカラダをもち自分で道を切り開く大人になってほしい!そんな願いをこめて、病気に負けないカラダになるママのホームケアレッスンを行なっています。

おすすめの記事

最近の記事