お子さんが発熱することが怖いあなたへ

子育てをしていると必ずぶつかる壁の一つに

こどもの病気

があります。

特にお子さんが小さな頃はよく病気をして発熱をします。

さっきまで、元気やったのにどうした!!

というふうに、突然熱があがったりします。

そこであなたに質問です。
おこさんが発熱すると、あなたはどう感じますか?

「えー、可哀そう、辛そうだし熱を下げなきゃ!!」
と思いますか?

「発熱しているな~何度くらいまであがるかな?他に発疹などの症状はでているかな?」
と、落ち着いて対応ができるでしょうか?

私は、昔は前者でしたが
今は、後者です

しかも、38.5℃までの熱は熱だとおもっていません!(キッパリ)
えー、なんですと??
うちのこどもは、38度まででると辛そうにしているんですよ!
と、お叱りの声もあるかもしれませんね。

そうなると、逆にお尋ねしたいのが
平熱は何度ですか?
ということです。

通常子どもであれば平熱は
37℃近くあるのが普通です。
けれども、からだの健康度が低い場合、
35℃台の子供がいたりします。

と、なると
平熱が35℃の子供が38℃の熱をだすエネルギーと
平熱が37℃の子供が38℃の熱をだすエネルギーを比べると
あきらかに後者が優位であるのがわかりますね。

熱は、カラダに侵入した菌をやっつけるために
カラダを震わせてエネルギーをだし
熱を出します。

平熱が37℃の子が38℃まで体温をあげ
ウイルスややっつけるのはさほど難しいことではありません。

発熱が怖いかどうかは
普段の平熱がどのくらいあるか?
熱をだすだけの体力があるか?

がポイントです。

カラダの発熱のメカニズムを知ると
発熱は全然怖くありません
むしろ、良く熱をだすというのがうらやましいくらいです

周りに風邪が流行っていたり、
インフルエンザが流行っていたり、
手足口病などのこども特有の病気が流行っていたりすると
多分それだな?と
原因はだいたい特定できるので、

さらにお手当は楽になります。
発熱はおこさんの健康度が高ければ
無理に慌てなくてよいのです。

発熱のケアことが詳しくわかる、
発熱ケア小冊子(無料)を
来週の月曜日9/18からリリースいたします。

私のブログやFBをぜひチェックしておいてくださいね

関連記事

  1. 月の初めに心がスッキリする方法 

  2. スマホのブルーライトはカットされていますか?

  3. 健康な一年を過ごすために今年すること

  4. 予防接種は受けないといけないの?

  5. さあ、冬の準備を始めよう!

  6. 夫の協力が得られない

無料小冊子プレゼントはこちら

ママのホームケアレッスン高木智実

強いカラダをもち自分で道を切り開く大人になってほしい!そんな願いをこめて、病気に負けないカラダになるママのホームケアレッスンを行なっています。

おすすめの記事

最近の記事